FXで儲ける方法を教えます

FXとは、外国為替証拠金取引(Foreign eXchangeの略)です。日本円を外貨に売買して利益を得ることを意味します。貯金してもわずかな利息で物足りない方には資産運用が良いでしょう。国内株は取引時間は9時から15時ときまっている取引時間に引き換えFXはほぼ24時間取引が可能です。(証券会社によって取引時間が異なります)お仕事が終わってからの資産運用として最適ではないでしょうか。FXでは祝祭日(1月1日を除き)でも取引できます。

 

最近の証券会社では数万円からの元手ではじめることができます。為替レートが1ドル=100円のときに、円でドルを買うと10万円で1000ドルです。しばらくして1ドル=110円のときに、ドルを売ると1000ドルが11万になります。このようにして10,000円の利益を確定することができます。また日本の貯金利息では0.01%ですが、米国では1.0%、ユーロで2.0%、豪州で5.0%という利息になっていますので、外国の通貨を保持しているだけで各国の金利が生じます。

 

より多くの通貨を持っているとその分の金利差を得ることができます。毎日移り変わる為替状況を把握するには、各国の経済情勢を知ることが必要になりますが大体ネットで調べることができます。株と違って各上場会社の情勢まで調べる必要もありませんので、社会情勢にも詳しくなり同僚や家族にもちょっとした自慢話もできますよ。

FXというのは上がるか下がるか

FXというのは、基本的には上がるか、下がるか、ということを予想するだけです。金利で儲けることもありますが、基本的には短期売買をすることによって利益を出すのが普通です。言うまでもありませんが、リスクはあります。しかし、それはどんな投資にも言えることですから、特に問題視する必要はないです。あくまで自分の責任の負える分のリスクで取引をする必要があります。

 

それだけで十分なのです。しかし、FXにはレバレッジという制度があります。これは自己資金以上の取引が出来るというものなのですが、これがあるから最近、人気になっている、ということもあります。つまり、百万円しかない人でもレバレッジを十倍にしたら、一千万円まで取引をすることができるようになるわけです。

 

つまり、利益が出たとしたら通常の取引よりは十倍儲かる、ということになります。だからこそ、人気があるわけです。ハイリスク、ハイリターンなので、人気が高くなっているのです。言うまでもありませんが、これはリスクが高いということであり、つまり財産を失う可能性があるわけです。しかし、どんな投資でも少なからずリスクはあります。ハイリスクといっても抑えることはできますから、そんなに危険視することではないです。

FXの基本的な仕組みとレバレッジについて

FXの仕組みは複雑と思われがちですが、実際にはそうではありません。FXとは外国為替の略で、取引などに使われる場合は外貨証拠金取引のことを指します。この取引の仕組みは、外国の通貨を売買して、相場の動きによって発生する差額で利益をあげるというわけです。例えば、1ドル100円の時にドルを買って、101円の時にドルを売ると、単純に1円の儲けが発生します。実際の取引では1ドルだけではなく、1万ドルなどもっと大きな単位で行われることが一般的です。

 

また、証券会社への手数料も発生しますので、純粋に1円上がったらその分が全て儲けになるわけではありません。さらにFX取引の特徴であり、最大の魅力はレバレッジと呼ばれるシステムです。レバレッジとは証拠金取引のことを指し、証券会社に証拠金を預けることによって、預けた金額の何倍もの取引を行うことが出来ます。先ほどの例で説明しますと、1ドル100円の場合、1万ドルを買うには日本円で100万円が必要となります。しかし、レバレッジを使うと少ない金額で1万ドルを購入することができます。レバレッジが10倍の場合は、10万円で1万ドルを購入することができるというわけです。かかる費用は本来かかる金額の10分の1となります。このように少ない金額で大きな取引をし、取引がプラスに生じた場合は大きな儲けを生み出すことができます。